クラウドの境界線がより曖昧に

 IaaSやPaaSといったインフラ寄りのサービスで市場拡大を牽引してきたアマゾン ウェブ サービス。同社は「Amazon Web Services(AWS)」について、クラウドサービスと表現しており、IaaSやPaaSという用語は使っていない。ユーザーに最適なサービスを提供するというスタンスにおいて、カテゴリ分けは関係ないということだ。であれば、オンプレミスに進出する可能性もゼロではない。領域拡大の動きを裏づけるかのようなサービスが動き始めた。(畔上文昭)