富士通は3月23日、アニーリングマシン「デジタルアニーラ」をクラウドサービスとして、4月または5月中に提供を開始すると発表した。デジタルアニーラは、量子現象を利用するのではなく、量子現象に着想を得たデジタル回路を搭載する疑似的な量子コンピュータ。不安定で制御が難しい量子回路ではなく、デジタル回路を利用するため、一般的なマシンルームに置いても安定した環境で計算を実行できるのが特徴だ。(畔上文昭)

201803301552_1.jpg

 量子コンピューティング技術は、イジングマシン方式と量子ゲート方式の大きく二つに分けることができる(図)。富士通のデジタルアニーラは、アニーリング方式のコンピュータである。

 アニーリング方式が得意とする計算は、「組み合わせ最適化問題」で、その代表例が「巡回セールスマン問題」。多くの都市を巡回するための最短ルートを求める計算である。例えば、5都市を巡回するルートは120通りのパターンとなるが、30都市では1京×1京通りになり、スーパーコンピュータ「京」をもってしても実に8億年の計算時間が必要となる。これがデジタルアニーラでは1秒以内で計算できてしまう。

 デジタルアニーラは、一部のユーザー企業に17年夏頃から試験提供しており、自社の金沢工場でも活用している。その一つが、倉庫部品のピックアップ手順の最適化。デジタルアニーラで倉庫に置いてある複数の部品の最短経路を算出。移動距離を約30%短縮したという。また、棚のレイアウト最適化にも取り組んでいて、部品の配置を変えたことにより、月間の移動距離を約45%短縮している。

 一方、アニーリング方式はボルツマン機械学習の計算にも向いているとされる。「デジタルアニーラを管轄する部門は、AIの『Zinrai』とスーパーコンピュータの京という三つの技術を融合し、相乗効果を生み出すための取り組みを進めている。この三つを提供できるのは、世界で富士通しかない」と、東圭三・AIサービス事業本部本部長は富士通の強みを説明する。富士通は、デジタルアニーラをクラウドサービスとして、4月あるいは5月末までに提供を開始する。また、夏頃にはバージョンアップを予定しているほか、年内にはオンプレミス環境用としてハードウェアの提供を開始する予定である。