その他

エンカレッジ・テクノロジ 特権ID管理ソフトの販売が好調 「ゼロトラスト」がキーワード

2022/03/03 09:00

週刊BCN 2022年02月28日vol.1912掲載

 エンカレッジ・テクノロジの特権ID管理ソフト「ESS AdminONE」の販売が好調に推移している。昨年3月の提供から半年余りで30件のプロジェクトに採用されたほか、11月の最新バージョン「ESS AdminONE V1.1」の売れ行きも順調だ。
 
日置喜晴 取締役

 同社の2022年3月期第3四半期(21年4月~12月)の業績は、売上高が15億700万円(前年同期比15.2%増)、営業利益が前年同期の約3.3倍にあたる2億8100万円。営業面で顧客ターゲット別の営業推進施策としてポストセールスの活動強化に取り組み、「ESS AdminControl」「ESS AdminGate」の既存顧客に対してESS AdminONEへの移行提案を進めたことによって成長につながった。日置喜晴・取締役マーケティング部長は、「ゼロトラストという観点から、今後も展望は明るい」としている。

 ESS AdminONE V1.1は、さまざまなシステムにおける特権IDのパスワード変更処理を可能にする汎用パスワード変更インターフェースを新たに実装。インターフェースに合わせた外部プログラムと連携することによって、Windows/Linux Server以外の特権IDについてもパスワード変更処理ができる。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

AWS/Microsoft Azure/Microsoft 365に対応、エンカレッジ・テクノロジの次世代型特権ID管理ソフト「ESS AdminONE V1.1」

エンカレッジ・テクノロジ ISV事業者へのアプローチ強化 特権ID管理で新料金プランを導入

外部リンク

エンカレッジ・テクノロジ=https://www.et-x.jp/