両備システムズは3月17日、同社が提供する自治体向け子育て支援システム「ネウボラかるて」が広島県府中町に採用され、稼働を開始したと発表した。母子保健業務をデジタル化し、タブレット端末を利用して場所を選ばずに住民サービスを提供できるようにする。

 「ネウボラ」とは、フィンランドで自治体が運営している出産・子育て施設とその制度のことを指す。日本においても、妊娠期から出産、子育て期に至るまで切れ目のない支援を提供するため、市区町村における「子育て世代包括支援センター」が法定化されるなど、子育て支援の強化が進められておりネウボラかるてはそれに関する自治体業務の効率化を目的としている。

 自治体が提供する子育て支援サービスは、母子手帳の交付、妊婦の健康検査、乳幼児検診など多岐にわたるが、現状では紙のカルテで情報を管理しているため、市役所、保健所など、住民サービスを提供する場所にその都度カルテを持ち出す必要があった。このため作業負荷や、紛失や破損のリスクが高かったほか、異なる担当者間での情報共有が難しかった。