製造や物流の現場において、IoTやAIといったテクノロジーを活用して現場を可視化、自動化し、効率性、生産性を高める動きが加速している。さらに、データを分析・活用することで新たな付加価値を生み出す「スマートファクトリー化」も活発化している。ファクトリーオートメーション(FA)とITの分野は、テクノロジーや人材の問題で分断されがちだったが、今、この二つの領域に橋を架けようとSIerや業界団体が取り組んでいる。(取材・文/山下彰子)