新型コロナウイルス禍で広がったテレワーク。新しい働き方として今後の定着が期待される一方、大勢の社員が一斉に社内LANにアクセスすることによるVPNの処理遅延など、これまでにもさまざまな課題が生じている。さらに、社内ネットワークへのリモートアクセスで懸念されるのがセキュリティだ。社員が自宅などから安全にテレワークを行うためには、認証管理についても改めて見直す必要があるだろう。ユーザーの利便性を損なわずに、テレワーク環境下でも安全にアクセス可能な仕組みが求められる。そのためにはどのような認証管理の仕組みを構築すれば良いのか。関連ソリューションベンダーの提案や直近の顧客動向を通して、市場のトレンドを掘り下げる。
(取材・文/谷川耕一 編集/前田幸慧)