独立系ソフトウェアベンダー(ISV)のシステムインテグレータは、2014年1月22日に東証1部への上場を果たした。同社が13年度(14年2月期)に開始した3年間の中期経営計画では、14年度で東証2部へ上場することを目標としていたが、今回の上場市場変更は前倒し・飛び級での達成となる。同社は、2期連続で売上高・営業利益とも過去最高を記録し、今年度も通期予想の売上高を上方修正するほどの好業績を挙げている。梅田弘之社長に好調の要因や今後の戦略を聞いた。