落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>

KeyPerson

先端技術とグループの総合力で脅威に勝つ

セキュアブレイン 代表取締役社長兼CEO

青山健一

取材・文/安藤章司 撮影/松嶋優子

2018/07/10 09:00

青山健一

週刊BCN 2018年07月02日vol.1733掲載

 複雑化、高度化する情報セキュリティ脅威の最前線で活躍するのが、国産セキュリティソフトベンダーのセキュアブレインだ。メガバンクをはじめ国内180余りの金融機関に採用されている不正送金・フィッシング詐欺対策ソフト「PhishWall」は、同社の看板商材。こうした実績を持つ同社の強みは、「ベンチャー精神あふれたスピード感ある経営」だと、今年4月にトップに就いた青山健一社長は話す。ただし、常に変化するセキュリティ脅威に対抗するには、「プロダクト開発だけでは十分でない」ともみている。“青山体制”となったセキュアブレインの経営戦略を聞いた。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!