サイバー攻撃に対する最後の砦として、その役割に期待が寄せられているデータ保護ソリューション。日本国内でも事業に深刻な影響を与えるランサムウェア被害が相次いだことで、にわかに需要が高まっている。1980年代から事業を継続し、バックアップ/リカバリー製品の老舗として知られるベリタステクノロジーズは、データ保護のニーズをどのように捉え、どんな戦略でこの市場を拡大しようとしているのか。昨年4月にトップに就任した、四條満社長に聞いた。
(取材・文/日高 彰  写真/大星直輝)

主目的はもはや障害対応ではない

――サイバー攻撃の被害が相次ぎ、バックアップとリカバリーを行うデータ保護ソリューションへの注目が高まっています。データ保護に関して、企業はどんな課題を抱えているのでしょうか。

 ここ2年ほどの間、私たちがグローバルでお客様のCIOにヒアリングしたところ、デジタルトランスフォーメーションを進めるにあたって最も顕在化している課題が、マルチクラウド環境下においていかにシンプルでセキュアな形でデータを保護するかです。

 もう一つがサイバーレジリエンシー(回復力)です。日本でもいろいろな形でランサムウェアの被害が起きており、「きれいなデータ」を保持し、確実に戻せることが求められています。どれだけセキュリティ対策を積み重ねても、ランサムウェアにやられてしまったとき、ビジネスを継続させるための最後の砦になるのがバックアップです。われわれもまさにここにはフォーカスしているところです。

 そして、コンプライアンスも課題になっています。個人情報保護法や、ヨーロッパのGDPR(一般データ保護規則)を順守した形でデータを保持する必要があるほか、社内でのハラスメント行為などにしっかり対応するため、アーカイブしたデータから、eディスカバリー(電子的な証拠の開示)や監査を行えることが求められています。

――データ保護というと、かつてはハードウェアの障害やヒューマンエラーに対する備えという意味合いが強かったと思いますが、目的がかなり変わってきていますね。

 ハードウェアの故障によるデータ消失は非常に少なくなってきていますし、クラウドの世界ではインフラの可用性をクラウド事業者が担保しています。しかし、データの管理とアプリケーションの可用性はユーザーの責任で担保する必要がある。そこを補完するのが当社の役割です。