米マイクロソフト(スティーブ・バルマーCEO)がカナダのトロント市で開催した「マイクロソフト・ワールドワイドカンファレンス2004」で、大手ディストリビュータの大塚商会など2部門で4社が「最優秀賞」を獲得した。日本のパートナーが米マイクロソフトのアワードで最優秀賞を獲得するのは初めて。

 受賞したパートナーは、ユーザー企業に満足度を高める施策を継続的に実施してきたパートナーを表彰する「カスタマーエクスペリエンスアワード」にダイワボウ情報システム(DiS)と富士通サポート&サービス(Fsas)の2社。自社のソリューションとマイクロソフトの製品を組み合わせユーザー企業にメリットをもたらしたパートナーに贈られる「ウィニングカスタマーズアワード」に大塚商会と新日鉄ソリューションズの2社がそれぞれ選ばれた。