プリンストンテクノロジーは、6月上旬に発売した7Vワイド型液晶無線防水テレビ「PTV-WWTV7」が、「約1か月で1000台を販売した」(企画開発部・増澤昌一氏)ことを明らかにした。

 「活発な売れ行きで在庫に余裕が持てない状況だったが、やっと生産体制が整った」という。潤沢に製品を供給できる見通しがついたことから、今後は拡販体制を強化していく。

 「PTV-WWTV7」は、当初サッカーワールドカップをお風呂につかりながらでも観たいという需要を見込んで投入した。その後「発売後の評判が良く、イベントなどに関係なく興味を持ってもらえる製品になった」と、手応えを得たとしている。

 今後の展開としては、現行の7インチワイドから8インチワイドにサイズアップすることや、無線チューナーに地上デジタルチューナーを搭載したい考え。新製品の内容は、まだ明らかにされていないが、年末商戦に向けての新製品投入を検討している。

 また、店頭やECサイトでのコンシューマ向け販売のほか、美容室などで、個々の客席に置いて映像を流す顧客サービスとしての使い方や、店頭でのPOPの代替で利用してもらうなど、ビジネス用途へのアプローチも強化し、拡販していく方針だ。