ヒサゴ(山尾裕一社長)は、森林管理協議会(FSC)が進める「森林認証制度」を取得した帳票用紙「FSC森林認証紙 マルチプリンタ帳票」シリーズを発売した。

 「森林認証制度」は、適切に管理した森林の木材から製造した製品であることを証明する制度。環境に配慮した製品であることを裏付けており、いつ・どこの森林で切り、加工・製造したかもわかる。

 「FSC森林認証紙 マルチプリンタ帳票」シリーズは、「森林認証制度」のうち、加工・流通管理の認証である「CoC」認証を取得した。「古紙パルプ」ではなく、環境に配慮した「バージンパルプ」を使用して製造。白色度を向上させた。プリンタでの使用時に起こる紙詰まりを防ぐほか、二重送りを防止するためのファイル穴や、切り離しやすいミシン目加工も施した。

 ラインアップはA4サイズ100枚入りで「白紙2穴」や「白紙2面4穴」など、加工や色が異なる19アイテムを用意したほか、1200枚入りの大入りタイプ8アイテムも揃えた。価格は、A4サイズ白紙2穴の100枚入りが840円、1200枚入りが1万1340円など。全国の主要文具店や家電量販店・PCショップ、ティービー(TB、中川祐介社長)の通販サイト「コムニス」を通じて販売する。