エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は10月17日、インテルの「インテル XSLT アクセラレーター 1.1」を発売した。

 XMLで記述した文書をほかのXML文書に変換するための言語「XSLT」の変換作業を行うための「ランタイム・ライブラリー」で、複雑で大量のXMLドキュメント変換に対応できるよう最適化している。

 Windows版とLinux版を用意し、それぞれに開発ライセンスとランタイム・ライセンスモデルを揃えた。価格は両OS版ともに、開発ライセンスが2万8560円、ランタイム・ライセンスが28万7070円。