日立電線ネットワークス(菊地原宏社長)は、検疫ネットワークアプライアンス「QuOLA@Adapter」を発売した。

 検疫ソフトと専用ハードを組み合わせたアプライアンスで、IT資産管理などの付加機能は省き、検疫ネットワークの構築に機能を絞ったモデル。OSのセキュリティパッチとウイルス対策ソフトのチェックほか、未登録PCの接続拒否や「Winny」など業務に不適切なソフトの有無を検査する機能も備える。

 また、日立電線ネットワークスが販売するセキュリティパッチ配布サービスと組み合わせれば、接続端末のセキュリティパッチを更新可能で、管理者の手間を省くことが可能。ネットワークに接続するまでの検疫時間が短いため、ストレスを感じることなく利用できる。