パナソニック コミュニケーションズとパナソニックCC九州は4月3日、通信速度の向上と消費電力の削減を実現した機器組み込み用のPLCモジュール「MMDPMS230シリーズ」「MMDPMS250シリーズ」のサンプル出荷を順次開始すると発表した。

 今回、サンプル出荷した機器組み込み用のPLCモジュールは、新「HD-PLC」用通信LSIを搭載。通信速度を向上しながら消費電力を削減可能とした。また「MMDPMS250シリーズ」は、同社独自技術のSIMPACTを用いており、「MMDPMS150」と比較して基板面積が42%と小型化を実現する。

 なお両シリーズは、ノイズ抑制フィルタなどのアナログ部分までも一体化したモジュールで、専用の回路を別途用意しなくても同製品を機器に組み込むことで高速電力線通信ができる。