GMOシステムコンサルティング(糸山日出男CEO)は4月21日、デジタルコンテンツ販売のASP事業を手がける子会社「GMOデジタルコンテンツ流通」を新設分割方式で同日付けで設立したと発表した。

 新会社では、GMOシステムコンサルティングが展開するデジタルコンテンツ販売ASPサービス「デジタルコンテンツ王」を中心に、インターネットのコンテンツ流通に必要なシステムをサービスとして提供する。

 「デジタルコンテンツ王」は、05年夏のサービス開始以来、Webサイトから簡単にコンテンツファイルをダウンロードできる仕組みとして、約70のコンテンツプロバイダのWebサイトから約1万ファイルを流通させるプラットフォームに成長した。

 インターネットを介したデジタルコンテンツの流通・販売分野の市場はさらに拡大し、高い事業性が見込めることから、今回法人化に至った。資本金は1000万円、東京都渋谷区に本社を置く。代表取締役社長には服部直人氏が就いた。

 また、現在PC向けに展開する「デジタルコンテンツ王」のモバイル対応を推進するため、アクロディア(堤純也社長兼CEO)と資本・業務提携を行うことで、GMOインターネット、GMOシステムコンサルティングおよびアクロディアの三者で基本合意している。