アットネットホーム(地平茂一社長)は、茨城県日立市をサービスエリアとするケーブルテレビ局JWAY(大西満代表取締役)とインターネット回線の運用サービスで提携し、5月20日にバックボーン(上位回線)接続を開始した。

 JWAYは、04年に開局したケーブルテレビ局で、現在多チャンネル放送、インターネットおよびIP電話サービスを提供している。今回、インターネットサービスの加入者増加と高速化に対応するため、アットネットホームとのバックボーン接続を始めたもの。

 JWAYは、アットネットホームがケーブルインターネットの専業プロバイダである点と、大手キャリアとのトランジット接続実績、運用技術が評価し、今回の提携に至った。