日本アイ・ビー・エム(日本IBM、橋本孝之社長)は5月15日、ワイ・ディ・シー(YDC、東裕二社長)の品質管理ソリューション「YDC SONAR」の販売、およびシステム構築に関して協業したと発表した。

 今回の協業では、複数の工場や工程をまたがる複雑な製造において高度な品質管理を行うことができるデータ解析ツール「YDC SONAR」を、日本IBMの製造基幹システム向けソリューション群「IBM Global Integrated View(GIView)」のコンポーネントの一つとして位置づけ、両社で販売やシステム構築を行っていく。また、これにともない「YDC SONAR」は、DB2への対応を完了した。

 両社は今後、積極的に協業を推進することで、「GIView」によって提供する品質解析ソリューション分野を強化・拡充していく考え。