日本IBM(橋本孝之社長)は7月30日、IT資源をネットワーク経由で提供し従量課金するパブリッククラウドサービス「IBM マネージド・クラウド・コンピューティング・サービス(IBM MCCS)」を10月中旬に発売すると発表した。

 日本IBMのデータセンターに仮想環境を活用したクラウド環境を構築、x86サーバー「IBM System x」やストレージ「同 Storage」などのリソースをネットワークを通じて提供する。日本IBMのデータセンターまでの通信料は日本IBMが負担する。

 一般的にx86サーバー単体稼働時のCPU使用率は15ー20%という。日本IBMは、仮想化技術を活用して1CPUで複数業務を処理することで、CPU使用率は80ー90%に高め、5倍以上効率的に運用できるとしている。

 利用料金は、CPUの処理量に応じた従量課金。ユーザーの要望に応じて基本使用料金を設定し、基本使用量を越えた分は使用したCPU処理量に応じた従量課金とした。