Skyは9月1日、クライアント運用管理ソフトウェアの新版「SKYSEA Client View Ver.4.1」を11月に発売すると発表した。

 「SKYSEA Client View」は、使いやすさをキーワードに、ログ管理・資産管理をはじめとする各種機能をオールインワンで提供する情報セキュリティ対策ソフトウェア。新版では、USBデバイス管理機能の強化やWindows 7、インテル vPro テクノロジーへの対応など、ユーザーから要望が多かった、さまざまな機能を搭載する。

 USBデバイス管理機能の強化では、ユーザーごとのUSBデバイス使用制限の設定やUSBデバイス管理台帳の機能強化、管理機以外のクライアントPCでのUSBデバイス利用認可、USBデバイスによる不正ファイル持ち込みの禁止などに対応。

 また、Windows 7/Windows Server 2008 R2やインテル vPro テクノロジーへの対応によって、幅広い環境でのセキュリティ対策をサポート。さらに、セグメント内に「不許可端末遮断ユニット」を設置することで、許可されていないクライアントPCがネットワークに接続しようとした場合、自動的に検知し、ネットワークから遮断することができる。