ビープラッツ(藤田健治社長)は、SaaS/PaaSの流通・販売を支援するサービス「SaaSplats」の提供を開始する。

 「SaaSplats」は、既存の販社や流通業者をSaaS/PaaSビジネスに適応させたり顧客からの決済を代行したりするサービス。商品情報の登録や申請書情報のアップロードや「SaaSplats」を契約している販社の一覧を見ることができる流通会社マッチングサービスなどを提供する「SaaSパブリッシャー向けサービス」のほか、自社のSaaS製品の専用ストア「SaaSストア」や各利用者専用の利用状況などを管理する「MySaaS」が利用できる「流通会社向けサービス」を用意する。

 また、顧客からの決済を代行する「月額レジ」などが利用できる「販売会社向けサービス」とサービスの申し込みや解約を簡素化する「企業IT管理者向けサービス」を提供する。

 「SaaSパブリッシャー向けサービス」は年会費5万2500円で、「流通会社向けサービス」は成功報酬型となっている。「企業IT管理者向けサービス」と「流通会社向けサービス」は無料で提供する。

 「SaaSパブリッシャー向けサービス」は9月15日から提供開始する。「流通会社向けサービス」はネットワールドなどと10月からのサービス開始に向けて調整をしており、「企業IT管理者向けサービス」と「流通会社向けサービス」は、12月に提供を開始する見込みだという。