ナレッジワークス(所司里佳代表取締役)は、企業内情報検索ソリューション「SCOPE-Zeta」のソフトウェア版を1月20日に発売すると発表した。

 「SCOPE-Zeta」は、同社のもつ検索アプリケーション開発、ユーザビリティ向上などのRIAシステム開発の実績を基に開発したもの。社内に埋もれた文書ファイルなどの形式知情報である「ドキュメント情報」、暗黙知である「ノウハウ情報」、社内の専門家などの「ノウフー(エキスパート)情報」という3つの情報を検索することで、情報の見える化を実現し、共有化と活用を可能にする。また、これら3つの情報の検索を1つの画面で行うことで、3つの情報の結びつけと活用を容易にした。

 さらに、高機能検索とナビゲーションによって、不要な情報とクリック数を減らしながら的確に求めている情報を得ることが可能となる。これにより、検索効率が大幅に向上し、業務の生産性を高めるとともに、競争力の強化を図ることができる。

 税別ライセンス価格は250万円。今後は、アプライアンス方式による提供も予定している。