ADN(アプリケーション配信ネットワーキング)関連機器メーカーのブルーコートシステムズ(マット・ベネット・マネージングディレクター)は、1月26日、アプライアンス製品の「Blue Coat ProxySGアプライアンス」を業界初となるIPv6対応セキュアWebゲートウェイとしてアップグレードしたと発表した。

 「ProxySGアプライアンス」を導入することで、法人や官公庁、サービスプロバイダなどはアプリケーションやサービス、コンテンツをIPv4からIPv6に移行することができる。IPv4形式で送られるリクエストをIPv6形式に変換するトランスレータとして機能し、アプリケーションやサービス、データのIPv4ネットワークとIPv6ネットワーク間を通信できるようにする。

 通信を確保するだけでなく、利用しているアプリケーションやコンテンツを把握するので、アドレスの翻訳、アプリケーションのリライト、ネットワーク・インフラのアップグレードなどの複雑な作業が不要。ユーザー企業にとっては、ビジネス継続性の維持につながる。

 さらに、ユーザー企業は既存のIPv4ネットワーク・インフラ上でIPv6アプリケーションを導入することができる。一つのインフラでIPv4とIPv6のアプリケーションを利用できるので、ビジネスに必要不可欠なプロセスが継続できるようになる。