Agoop(水野秀明代表取締役社長)は、米マイクロソフトの地図情報サービス「Bing.Maps」の再販権を取得した。

 これまでAgoopは、「Bing Maps」を地図や住所からピンポイントでソフトバンクモバイルの電波状況の確認を行う「電波状況ピンポイント検索」に活用してきた。位置情報のASPサービスや官公庁による情報提供でも、デジタル地図を活用した個別システムの構築の要望を多数受けていた。

 最近では、東日本大震災の復興支援情報マップに災害支援情報確認機能を搭載し、公開している。