アプレッソ(長谷川礼司社長)は「DataSpider最新情報と事例紹介セミナー」を6月22日、東京・千代田区のアルカディア市ヶ谷で開催した。セミナーでは、データ連携ミドルウェア「DataSpider Servista」の最新バージョン「3.0」を説明。また、日本貨物航空をはじめとする「DataSpider」の導入事例や活用ソリューションを紹介した。

セミナーは満席の盛況

小野和俊
副社長 CTO
 「DataSpider」は、さまざまなデータをアダプタを使って取り込み、ノンプログラミングで変換・加工する製品。設計書を書いている感覚で実装ができ、2フェーズコミット、エラーハンドリングなど、必要な機能をほぼ網羅しているのが特徴だ。今年5月までに1350社での導入実績をもっており、データウェアハウスやEDIシステム構築、パッケージ導入による周辺システムとのデータ連携など、幅広く活用されている。

 40種類以上のアダプタを揃え、国産製品のネイティブアダプタも提供している。最近ではクラウドへの要望が高くなっていることから、アプレッソでは、Amazon Web Service、Google Apps、Salesforce.com、Windows Azure、国産のニフティクラウドのアダプタを提供している。小野和俊副社長CTOは「サービスが動き出してからアダプタをつくっていたのでは遅い。プラットフォームベンダーと連携して開発を進め、サービスインとほぼ同時にアダプタが出るよう、速いスピードで対応している」と話す。

 今年第3四半期に提供を開始する「DataSpider Servista 3.0」は、クラウド対応を強化。社内に「DataSpider」を置き、クラウドと社内システムを連携する機能「DataSpider for Cloud」に加え、「DataSpider」そのものをクラウドに置きたいという要望に応えて、プライベート/パブリッククラウドに設置できる「DataSpider on Cloud」も提供する。

 これに伴い、ウェブブラウザで動作する開発クライアント「DataSpider Studio for Web」をオプションで用意した。小野副社長 CTOは、「ブラウザでは動作がもたつくと思われるかもしれないが、『Microsoft Silverlight』に書き直し、通信も見直したので、実際はかなり高速に仕上がっている」と自信を示した。

 セミナーでは、「DataSpider」の最新情報が伝えられたほか、パートナー各社による「DataSpider」を活用したソリューションの紹介が行われた。また、ボーイング社のシステムとのデータ連携を実現した日本貨物航空、モバイル業務支援システムと業務システムのデータ連携を行った沖カスタマアドテックなどのユーザー事例が披露された。(鍋島蓉子)

ブラウザ上の開発クライアントを提供