アプレッソ(長谷川礼司社長)は、ニフティの提供するパブリッククラウドサービス「ニフティクラウド」とデータ連携ソフトウェア(EAI)製品「DataSpider Servista」をノンプログラミングで連携する「DataSpider for Cloud ニフティクラウド アダプタ」を発表した。1月20日に提供を開始する。

 「ニフティクラウドアダプタ」は、「ニフィティクラウド」のIaaS環境のサーバー起動や停止、サーバー情報の取得をデータ連携ソフト「DataSpider」から実行できるアダプタ。「ニフティクラウド」はAPIも提供しているが、「ニフティクラウドアダプタ」を使用すれば、APIやプログラミングの知識がなくても、「DataSpider」スクリプト作成だけで「ニフティクラウド」のIaaSサービスを利用できる。

 アプレッソは、クラウド連携ニーズに対応する「DataSpider」アダプタとして、すでにSalesforce.com、Windows Azure、Google、Amazonのパブリッククラウド連携アダプタを提供している。今回の「ニフティクラウドアダプタ」を発表したことで、パブリッククラウド連携アダプタは5種類となった。

 価格は50万円(一括払ライセンス、税別)。年間サポート料金は、ライセンス定価の20%。

オンプレミスと「ニフティクラウド」のデータ連携