日本IBMの取締役副社長と副会長を歴任し、JBCCホールディングスの取締役を務めていた本林理郎氏が、8月11日、腎盂がんのために死去した。75歳だった。

 1960年4月に日本IBMに入社し、82年に常務取締役に就任。その後、専務取締役、取締役副社長、副会長を歴任。06年4月から、JBCCホールディングスの取締役を務めていた。

 8月15日に神奈川県鎌倉市の円覚寺続燈庵で、親族のみの葬儀を執り行った。別途、お別れの会を9月以降に開く予定。