ブリスコラ(下川部知洋社長)と日本ガードタイム(柳原孝志代表取締役)が、クラウド認証分野で業務提携した。提携サービスの開始は10月を予定している。

 ブリスコラは、クラウドデータ連携サービス「Concord」(SaaS)をはじめとするアウトソーシングサービス提供のほか、法人企業向けにクラウドに関する事業企画・開発からマーケティング、アライアンス、テクノロジーまでをワンストップで提供している。一方、ガードタイムは、暗号鍵を使わずに電子データの時刻、発生源と内容を証明する「キーレス署名サービス」を開発し、グローバル市場で企業やクラウドサービス事業者などのパートナーにサービスを提供している。

 両社は提携でクラウド環境に対応した電子データ真正性証明サービスの構築を開始。これによって、サービス利用者やクラウドサービス提供事業者は、電子データが間違って変更されたり、悪意で改ざんされたりしていないことを自動的に確認できる。また、ログやプログラムコードに署名できるようになる。