リモート管理技術を核とするソリューションを手がけるインヴェンティット(西田竹志代表取締役)は、モバイルデバイス管理(MDM)サービス「MobiConnect for Business」で「iOS Developer Enterprise Program」への加入が不要のセキュリティ強化版の提供を開始した。

 「iOS Developer Enterprise Program」を利用したMDM製品の場合、各端末に構成プロファイルをインストールして遠隔制御する。だが、ユーザーが簡単に構成プロファイルを削除できるという問題があった。インヴェンティットは独自方式により、クライアントソフトをインストールすることで、構成プロファイルの削除を禁止する。「今後は、製品をSFA、CRM連携やスパイウェア製品などにバンドルして拡販する計画」(山形浩一執行役員営業本部長)という。(鍋島蓉子)