インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、企業の業務システム端末としてiPadやスマートフォンなどを利用するためのサービスメニューを揃えた「IIJ GIOスマートモバイルソリューション」の提供を、11月1日に開始する。

 「IIJ GIOスマートモバイルソリューション」は、IIJが法人向けモバイル通信サービス「IIJモバイル」で培った運用技術とクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)」を活用するクラウドソリューション。

 ソリューションの提供にあたり、同社はアップルと販売代理店契約を締結。iPadなどの端末からモバイル通信環境、端末のセキュリティ管理や社内ネットワークへの接続制御、業務アプリケーションのSaaS利用環境までをワンストップで提供する。

 ソリューションで用意するスマートフォン&モバイル端末管理サービス「Smart Mobile Manager」は、iPadやスマートフォン(iOS、Android、Windows Mobile)に対して、遠隔操作でセキュリティ対策や端末管理ができる端末管理プラットフォームをSaaS提供する。インヴェンティットのリモート管理技術を採用した。

 ユーザーは、自社のセキュリティポリシーに応じて、端末のロック・データ消去、ソフトウェアのインストール・設定、接続先の制御などを一元的に管理できる。

 通信環境には、IIJモバイルサービス/タイプD(NTTドコモ FOMA網利用)対応の3G通信モジュールを内蔵したモバイルWiFiルータを提供する。名刺サイズの設計と長時間駆動で、HSPAの高速通信(下り最大7.2Mbps、上り最大5.7Mbps)を利用したブロードバンド無線LANアクセスポイントを持ち歩くことができる。

 オフィスのWindows PCで利用している業務アプリケーションをSaaS提供する仕組みとして、アプリケーションゲートウェイソリューション「Mobile Application Gateway」を用意する。Citrixの仮想化技術を使った「IIJ GIO仮想デスクトップサービス」とIIJ独自のアクセス認証システム「IDゲートウェイ」を組み合わせることで、既存のWindowsアプリケーションにセキュアにアクセスする環境を構築できる。