製造業向けITソリューション提供のキナクシス・ジャパン(金子敏也社長)は、サプライチェーンマネジメント(SCM)ソリューションなどをテーマにした「Kinexions TOKYO 2011」を11月17日に開催する。

 製造業のユーザー企業を対象としたイベントで、製造・販売・事業計画やSCM、セールス&オペレーション・プランニング(S&OP)に関連するソリューションの導入事例などを交えながら、複数のセッションで解説する。

 イベントでは、基調講演として「SCMのパラダイムチェンジ-コントロールタワーによる適応性と継続性の革新」をテーマに、プライスウォーターハウスクーパーズのPRTMマネジメントコンサルタンツマネージャーで、金沢工業大学虎ノ門大学院教授を務める上野善信工学博士が講演する。

 また、カナダのキナクシス本社からカーク・ムンロー・マーケティング担当バイスプレジデントが来日し、最新ソリューション「Control Tower Solution」について説明する。このほか、実際のユーザー企業を招いた導入事例を紹介する。