韓国に本社を置くセキュリティメーカーのアンラボ(金基仁代表)は、モバイル端末向けセキュリティのラインアップを拡充している。12月1日、Android向けのデバイスインストール型ソフトウェア「AhnLab V3 Mobile 2.0」をはじめ、3種類の法人向けモバイルセキュリティソリューションを発売した。

 マルウェアスキャンや迷惑電話着信拒否などができる「V3 Mobile 2.0」のほかに、金融機関向けのアプリケーション組み込み型トランザクションセキュリティ「V3 Mobile+ for Transaction」と、五つの基準でアプリケーションを評価し、危険度について5段階で確認することができるアプリ検証システム「AhnLab Mobile Smart Defense」を投入した。

 CEO/副社長の張大勲氏は、法人分野でのモバイル端末の普及を受けて、「今回の新製品の発売によって、来年初期に、約10億円の売り上げを目指す」としている。(ゼンフ ミシャ)