ERP本部
ERPコンサルティング事業部
コンサルテーション2部部長
千葉大輔 氏
 「大企業向けERPと称されたSAP ERPですが、近年、中堅・中小企業での利用が主流となりつつあります。当社では構築した実績も多く、これまで培った業務ノウハウをご提供できる点が強みです」と、NTTデータソルフィスERP本部・ERPコンサルティング事業部・コンサルテーション2部部長の千葉大輔氏は語る。

 NTTデータソルフィスは、ERPの導入から運用に至るまで一括して提供している。特に中堅・中小規模企業へのSAP ERP導入実績は多い。構築にあたったコンサルタントがサポートする場合も多く「担当者の顔が見えるサポート」として顧客からの評価も高い。同社はSAP ERPの完成度の高さと、導入する難しさを理解している。その上で何が最適解か真剣に取り組むコンサルタントが多数在籍していることも実績の多い要因だろう。

 SAP ERP既存システムとのデータ連携も、その導入の難しさの1つであろう。現場では、数多くのシステムが稼働している。これらは基幹システムと密接に連携し、業務を支えている。ERPをリプレースする際、既存システムを入れ替えるというのは現実的ではない。現場の仕組みは現場で構築・運用されていることもあり、基幹とデータをつなぐ必要が生じる。そこでDataSpiderが活用されるのだ。「これまでブラックボックス化していた部分も、アプレッソのDataSpiderを使うことで可視化できるようになります。メンテナンス性も非常に改善され、喜ぶお客様が多いです」と千葉氏は説明する。

 DetaSpiderは、データ連携だけではなく、工数削減や効率化を実現する方法としても活用される。「EDIを導入して、人手で入力しているケースも少なくありません。気がつけば、そこに何人も割り当てている場合もあります。DataSpiderを活用すれば、人手をかけずにデータを流せるようになり、効率化できます」と千葉氏。

 NTTデータソルフィスと同社の顧客にとって、DataSpiderは欠かせないツールとなっている。顕在化していないニーズにも応えることができるツールはけっして多くはない。SAP ERPとDataSpiderといったツールにNTTデータソルフィスのコンサルティング力やサポート力が加わり、中堅・中小企業の多くの課題に応えることができるのだ。DataSpiderは、SAP ERPとともに導入することで、お互いの付加価値を高めるツールとなっている。