ソリューション営業部
船橋伸二 部長
 「承認待ちで仕事が停滞」「処理の流れがわからない」といった「プロセスのブラックボックス化」、あるいは組織や業務体系の変化、J-SOX法、IFRS(国際財務報告基準)の準拠など、企業はさまざまな要因によって業務プロセス見直しとITシステム再編を迫られている。

 しかし、企業はどこから手をつけるか、改善点を発見する手立てがないというジレンマも抱えている。アプレッソ ソリューション営業部の船橋伸二部長は、「BPMはこのような企業の業務プロセスの諸課題の解決を支援するソリューションです」と説明する。

 BPMSは、業務の流れをモデル化、業務の改善を支援するソフトウェアで、業務ワークフローの作成、実行、監視、管理機能を提供する。アプレッソの「DataSpider BPM」の最大の特徴は「BPM-EAI連携」である。主力EAI製品の「DataSpider」との組み合わせにより、業務プロセスとシステムの連携も可能にする。「まずはプロセスのモデル化により、人手を含めたプロセスの全体像をとらえ、効率化できるタスクはシステムに頼る前に効率化していただきたい。その上で、人手の作業をシステムで自動的に処理できるようにします。そもそも無理や無駄が多いプロセスそのものを見直し、さらに、例外的な業務のみ人に任せることで、人的エラーや作業の停滞を減らせば、業務をより効率的に遂行できるようになります」(船橋部長)とメリットを挙げる。

 特にBPM活用に重要なのが業務の流れをモデル化する工程だ。「DataSpiderBPM」は、業界標準のBPMN(ビジネスプロセスモデリング表記法)を採用。ドラッグアンドドロップで作成できるため、ITにそれほど詳しくない現場担当者でも使え、業務プロセスの構成要素のタスク進捗状況をモニタリング、可視化し、改善につなげるPDCAを回すことができる。

 一般的なBPM製品よりも低い価格レンジなので、大企業のみならず、中堅・中小の企業や、プロセスマネジメントへの取り組みに意欲的な清新な企業で「カイゼン」を推進したい企業に積極的に販売したいという。同社のEAI製品である「DataSpider」の販売パートナーは、BPMと組み合わせることで、製品に付加価値が提供でき、「DataSpider」もBPMSも合わせて提案できる。「今後はモバイル対応機能を正式に搭載します。これまでは市場では『EAI専門ベンダー』でしたが、『BPMもアプレッソ』というポジションを確立したいですね」(船橋部長)と意気込む。

DataSpider BPMのBPM-EAI連携イメージ