ディサークル(西岡毅社長)は、ポータル型グループウェア/ワークフロー製品の「POWER EGG 2.0」をクラウド型で提供するサービス「POWER EGG クラウド」の価格を改定した。最大50%の値下げを行い、グループウェアは月額400円から、汎用申請ワークフローは月額900円からで提供する。

 また、新たに利用できる機能として、「Webデータベース」を追加。「POWER EGG クラウド」上で誰でも簡単にデータベースを作成することができる機能で、社内情報を共有・活用を実現する。

 改訂後の税別価格は、1ライセンスあたりライトプラン(グループウェアのみ利用可能)が月額400円(旧価格800円)から、スタンダードプラン(汎用申請ワークフロー利用時)が月額900円(旧価格1400円)。このほかにサービス基本使用料金(月額1万円から/1ライセンス)が必要となる。