ニュース

ディサークル、POWER EGG 2.0上で簡単に情報共有できる「Webデータベース」

2012/01/23 20:04

 ディサークル(西岡毅社長)は、社内で簡単に情報共有ができる「Webデータベース」を1月20日に発売した。

 POWER EGG 2.0上で誰でも簡単にデータベースを作成でき、社内情報の共有・活用を推進するシステム。Excelなどで作成したファイルと違い、POWER EGG 2.0上で一括管理するので、IT資産の統制管理もできる。

 多様なデータ形式に対応し、テキスト、数値、日付、チェックボックス、自動計算、外部データベース参照、添付ファイルなどを指定できる。また、画面ごとにアクセス権限が設定でき、セキュリティを考慮した情報共有ができる。データの登録、削除、CSV出力など、きめ細かなアクセスログの取得にも対応する。

 CSVからのインポート機能によって、ExcelやAccessからデータをセットアップすることができる。また、CSVへのエクスポート機能によってExcelで分析、集計、グラフを作成することもできる。税別価格は、ベースライセンスが8000円から、1ライセンス4000円から。
  • 1

関連記事

ディサークル、「Notes」リプレースやSaaSなどの強化策、パートナーズコンファレンスで

ディサークルとトランスウエア、ワークフローとWebメールの融合製品開発

ディサークル 新販売モデルを導入 NIパートナーの拡充図る

ディサークル ワークフローシステムの新版 必要な機能を選択し購入可能に

ディサークル 来年4月にユーザー会を発足 活用ノウハウの共有など目的に

外部リンク

ディサークル=http://www.d-circle.com/

おすすめ記事