ソニー(平井一夫社長)は、投写画面への書き込みやマウス操作に対応する「インタラクティブ機能」を内蔵した超短焦点プロジェクタ「VPL-SW535C」を5月に発売する。

 「VPL-SW535C」は、付属のソフトウェアをインストールしたパソコンに接続し投写することで、投写画面に付属のペンで文字や図形の書き込みを行うことができる「インタラクティブ機能」を搭載。ペンは2本付属し、同じ投写画面に2人で同時に書き込むこともできる。

 付属のペンはマウスとしても機能し、投写画面上でプログラムの起動やファイルの選択など基本的なパソコン操作が可能。「インタラクティブ機能」で書き込んだ内容をパソコンに保存し議事録として利用したり、授業で書き込んだ内容を保存して次の授業で使用したりするなど、授業や会議の効率を向上させる。

 70インチのスクリーンに約42cmの距離で投写でき、限られたスペースの会議室や教室などでスクリーンやホワイトボードの近くに発表者が立つ場合でも、人やノートPCの影が映り込むことがない。発表者自身も眩しくなく、快適な環境でプレゼンテーションができる。加えて、3000lmの高輝度で、明るい部屋でも快適に使用できる。上下左右方向へのレンズシフト機能と光学ズーム機能も搭載し、設置時やメンテナンス時の投写位置調整やフォーカス調整は簡単だ。

 このほか、信号無変化時に自動で徐々に減光する「ランプ減光モード」や画像ミュート時にランプ出力を約70%ダウンする機能を搭載するなど、省エネにも配慮。最長6000時間の長寿命ランプを搭載し、ランプ交換時までメンテナンス不要の高性能フィルターを装備するなど、購入後のコスト低減に配慮している。価格はオープンで、実勢価格は約26万円(税別)。

VPL-SW535C(左)とインタラクティブ機能を使用しているイメージ