リード・レックス(市川国昭代表取締役)は、クラウド型デジタルサイネージシステム「mot!VISION(モットビジョン)」を7月1日に発売する。

 「mot!VISION」は、クラウド型のコンテンツ配信システムと、コンテンツ再生のAndroid端末で構成する。利用者はクラウド型システムにログインし、コンテンツの管理や再生スケジュールの設定・稼働監視を行う。

 7月1日に発売するセットトップボックス型以外にも、小型液晶ディスプレイ一体の電子POP型やタブレット型など、対応する再生端末のラインアップを拡充する予定。

 価格はオープン。デジタルサイネージベンダーやSIer、内装工事業者、映像コンテンツ制作業者などに向けて販売し、2016年度までに1万台(コンテンツ再生端末)の販売を目指す。