大塚商会(大塚裕司社長)は、6月26日開催の取締役会で7月1日付の組織変更と人事異動を発表した。

 組織変更は、営業本部に「インサイドビジネスセンター」を新設。マーケティング本部の「UCプロモーション部」を「共通基盤総合NWプロモーション部」に、「Webプロモーション部」を「共通基盤Webサービスプロモーション部」に、「共通基盤プロモーション部」を「共通基盤ハード・ソフトプロモーション部」に改称する。

 役員の人事異動は、取締役兼専務執行役員の高橋俊泰氏がMRO事業部長、たのめーるマーケティング部長、物流推進部担当となる。上席執行役員の後藤和彦氏が、共通基盤総合NWプロモーション部長、共通基盤Webサービスプロモーション部長、共通基盤ハード・ソフトプロモーション部長、地域プロモーション部長、ブランド戦略室長となる。上席執行役員の大谷俊雄氏が、トータルソリューショングループ長、インサイドビジネスセンター長、SPR・CRMセンター長となる。また、執行役員の本多豊氏が、ライオン事務器への出向となる。

 ゼネラルマネージャーの人事異動は、大阪南営業部長補佐の植野光氏が京都支店長に就任。LA事業部首都圏営業部民需第2グループ長の安積靖夫氏が、LA事業部関西営業部長に就任する。また、トータル情報システム室長補佐の金子修一氏が、商品部長に就任する。