東芝ソリューション(錦織弘信社長)とネオジャパン(齋藤晶議社長)は1月22日、官公庁・自治体向けの専用機能を強化したグループウェア「desknet's NEO.Gov」を共同開発し、東芝ソリューションでの独占販売を開始したと発表した。

 「desknet's NEO.Gov」は、「desknet's NEO」の汎用的な機能群に加え、官公庁・自治体の顧客から要望の多かった機能を新規に開発して標準で搭載した。また、職員が違和感なく使えるよう機能名称などを変更している。これによりシステムの導入がスムーズになり、庁内コミュニケーションツールとして素早く定着させることができる。

 官公庁・自治体では、「desknet's NEO.GOV」を活用することで、庁内にあふれる各種情報をキャッチ&コントロールでき、業務に必要な情報を管理・活用することが可能となる。

 東芝ソリューションは、今後「desknet's NEO.Gov」を「desknet's NEO」と同等の高コストパフォーマンスで提供していく。また、全国の官公庁・自治体で活用できるよう、販売パートナー向けにも広く提供していく。