グループウェアベンダーが、新たな領域にビジネスの舵を切り始めた。ブランドダイアログは、2年前から準備してきた次世代型CRM/SFAの開発を終え、主戦場をグループウェアからCRM/SFAに移そうとしている。グループウェア大手のサイボウズは、PaaSの「kintone」を中心とするクラウド事業に投資を集中する。日本マイクロソフトは、「Microsoft Office 365」のBI機能を強化。一方、ネオジャパンは、国内から世界へ市場を拡大する。各社は、国内グループウェア市場の先行きが不透明なことを受けて、新たな収益源の確保を急いでいる。(谷畑良胤、真鍋武)