都築電気(日浦秀樹社長)の子会社であるネクストヴィジョン(江森勲社長)は、8月5日、従来の「Travel WINS」を、大手旅行代理店でも対応可能な仕組みにバージョンアップした次世代旅行業基幹システム「Travel WINS Next」を開発したと発表した。また今回、ANAセールス(白水政治社長)への一部機能の導入が決定した。大手旅行代理店への導入は初となる。

Travel WINS Nextの導入イメージ

 Travel WINS Nextは、旅行者用のツアーの検索・予約機能はもとより、旅行を申し込んだ顧客のマイページ機能を提供する。マイページでは、旅行を申し込んでいる顧客が、自身でオプション追加などの旅行内容の変更、予約取消、オプション追加や旅行代金の決済を行うことができる。また、旅行予約案内書や日程表、バウチャー、請求書などを、顧客用マイページからダウンロードすることができる。

 ANAセールスでは、Travel WINS Nextを導入した理由について、「Travel WINSシリーズ」は製品としての歴史も長く、導入実績が豊富で機能も充実しており、業界標準的な機能が反映されている点を高く評価したとしている。とくに、操作性に関しては、ANAセールスのユーザー部門からも使いやすいと高評価だったことも導入の決め手の一つになったという。このほかにも、「都築電気は、これまでさまざまなシステムの導入を通じて、ANAセールスのことをよく理解している」、「都築電気が導入・構築・運用をサポートするのであれば安心して導入できる」との評価を得ている。

 今回の新システム導入によって、これまで手作業で行っていた業務が自動化・システム化され、作業の精度が高まり正確な手配・案内ができるようになった。また、手配情報が一元的に閲覧・管理できるようになったことで、担当者間の引き継ぎ漏れ、属人化なども確実に防げるようになった。さらに、作業自体が効率化されたことによるオペレーション品質や処理スピードの向上、作業リソースの最適化といった効果も実感できているという。

 Travel WINS Nextは、必要な部分からシステム移行が可能で、顧客の導入負荷も低く、業界標準に近づけることが可能となった。都築電気とネクストヴィジョンは、これまでと変わらず迅速で丁寧なサポートに注力していく考え。