パナソニックシステムネットワークス(片倉達夫社長)は、10月14日、ガス爆発リスクのある場所(防爆エリア)でも利用できる国内防爆検定を取得した防爆仕様のタブレットPC「TOUGHPAD(タフパッド)」4機種を、10月下旬に国内法人向けに発売すると発表した。

製品イメージ

 TOUGHPADは、過酷な現場や屋外でのIT化で実績のある5型頑丈タブレットPC「FZーE1シリーズ」と「FZーX1シリーズ」の国内防爆検定取得モデル。帯電防止構造への変更などにより、従来の機器では使用できなかった大型プラントや化学・製薬工場などの防爆エリアでも利用することができる。

 NTTドコモ、au網のLTE/3G回線に対応し、無線LAN設備のない場所でも音声通話/データ通信ができる。無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac)も標準搭載しているため、無線LAN環境でも使用できる。また、大口径スピーカーの搭載により、100dBAの大音量を実現したほか、通話の相手先に音声を聞き取りやすくする強力なノイズサプレッサーを搭載している。

 手袋を装着したままでも画面操作を可能にする「高感度近接検知タッチパネル」を搭載。操作するたびに手袋を外すことなく、作業状態のまま操作できる。また、画面に雨や水滴が付着しても誤動作を軽減するパナソニック独自開発の「水滴誤動作防止機能」により、屋外での作業にも使用できる。さらに、晴天下でも視認性にすぐれた高輝度500cd/m2バックライトと反射防止構造ディスプレイの高輝度高コントラストHD液晶により、屋外の太陽光下でも視認性を確保した。

 価格はオープン。同社では、TOUGHBOOK、TOUGHPADシリーズ全体で5万台の生産を予定している。