Skyは、企業・団体向けクライアント運用管理ソフトウェアの新バージョン「SKYSEA Client View Ver.11」を2月15日に発売した。

 SKYSEA Client Viewは、使いやすさをコンセプトに、ログ管理・セキュリティ管理・デバイス管理といった情報漏えい対策に必要な機能をオールインワンで提供するソフトウェア。また、クライアントPCだけでなく、オフィスのネットワークに接続されたIT機器を管理するソフトウェアとしても、毎年のバージョンアップを通して進化してきた。

 今回の新バージョンでは、マイナンバーの安全運用を支援する機能として、重要データの取り扱いを視覚的に把握できる画面操作録画機能を強化し、マイナンバーを取り扱うPCに対する各種操作を制限する機能を搭載した。さらに、組織にとって大きな脅威となっている標的型攻撃への対策として、攻撃の痕跡をいち早くログで把握するとともに、更新プログラムの適用などを迅速に行うための支援機能なども提供する。