Skyは、4月10日、コンピュータ教室の授業や運用を支援する授業支援ソフトウェア「SKYMENU Pro 2015」と、普通教室でのICT活用を支援するタブレット端末対応授業支援ソフトウェア「SKYMENU Class 2015」を、6月に発売すると発表した。

SKYMENU Pro 2015『コンピュータ教室』操作パネル

SKYMENU Class 2015『画面比較』

 「SKYMENU Pro」は、コンピュータ教室での授業や運用をトータルで支援するソフトウェア。「SKYMENU Pro 2015」では、子どもたちが自分たちの考えや調べた資料をまとめて発表する活動を支援する「発表ノート」や、2つの動画を比較しやすいように並べたり重ねたりして再生する「動画比較」などの機能を追加した。また、子どもたちの取り組みの確認、ユーザー管理による個人フォルダの利用や権限の設定など、校内ネットワークに接続されたコンピュータの運用管理も支援する。

SKYMENU Class 2015『画面合体(発表ノート)』

 「SKYMENU Class 2015」は、これからの教室に求められるICT活用授業を支援するため、無線LAN環境での安定した利活用や、授業での使いやすさに工夫を加えたタブレット端末対応授業支援ソフトウェア。タブレット端末を「先生が使う」「グループで使う」「子ども一人ひとりが使う」といった、さまざまなパターンに合わせて活用できる。また、少ないステップで目的の操作が行えるツールバーを搭載。タッチ操作がしやすい大きくて直感的なボタンを使い方に応じて、カスタマイズやサイズ変更が行えるようになった。

 価格はいずれもオープン。