アプレッソ(小野和俊社長)は、データ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」の新しいアダプタとして、Tableau Japan(浜田俊社長)のデータ分析ツール「Tableau」に対応した「DataSpider Servista Adapter for Tableau」(Tableauアダプタ)の提供を2月12日に開始した。

 Tableauアダプタは、多種多様な接続先とのデータ連携をノンプログラミングで実現するDataSpider ServistaとTableauとの連携を可能にするDataSpider Servistaの機能。これにより、DataSpider Servistaで読み込むことができるさまざまなデータソースのデータをTableauに読み込ませ、活用することができる。

 具体的には、Tableau独自のファイル形式であるTDEファイルをDataSpider Servistaによって生成。分析用データとしてTableau Desktopに読み込ませることができる。DataSpider Servistaのデータ収集・加工機能を組み合わせて利用することで、大量のデータのクレンジングや、データの加工、複数のデータを結合することもできる。

 また、Tableau REST APIに対応する機能を6月にリリースする予定。作成したTDEファイルを、REST APIによってTableau ServerやTableau Onlineにアップロードし公開することが可能となる。

 税別価格は、1ライセンス50万円。年間サポート価格は、ライセンス標準価格の20%となる。