スプライン・ネットワーク(雪野洋一社長)は、印刷イメージログ監視システム「PrintInsight」と、Sky(大浦淳司代表取締役)の企業・団体向けクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」を連携した「PrintInsight for SKYSEA Client View」を4月1日に発売した。QESが発売元となり、全国で販売を行う。

 PrintInsightは、プリンタで印刷するドキュメントの印刷イメージを、そのままPDFとして保存することでユーザーの印刷行動を把握・監視し、印刷文書からの情報漏えいを効果的に抑止できるシステム。今回、IT資産管理と情報漏えい対策機能をもつSKYSEA Client Viewと、印刷イメージログの収集・監視機能をもつPrintInsightが連携することで、情報管理の範囲をさらに全方位的に拡大した。

 PrintInsight for SKYSEA Client Viewでは、SKYSEA Client Viewの管理画面からPrintInsightの設定、エージェント配布、ログの参照、印刷イメージの表示(PDF/XPS)、印刷文書に含まれるテキスト情報の取得/検索まで統合して行うことが可能。SKYSEA Client Viewの管理画面から、PrintInsight for SKYSEA Client Viewをワンクリックで呼び出すことができるため、社員の行動を統合的に確認しやすくなり、モニタリング業務の運用コスト削減を図ることができる。