メラノックステクノロジーズジャパン(津村英樹ジェネラルマネージャ)は4月7日、10/25、40/50、100ギガビットEthernetスイッチ「Spectrum」で、Cumulus Linuxをサポートしたと発表した。

 今回、SpectrumがCumulus Linuxをサポートしたことで、クラス最高レベルのネットワークオペレーティングシステム(NOS)を活用し、トップクラスのハイパフォーマンスを実現するEthernetスイッチプラットフォームを提供することが可能となる。十分な検証を実施し統合されたSpectrumスイッチとCumulus Linuxの組み合わせは、企業に俊敏性をもたらし、これまでの制約から解放するとともに、データセンターインフラストラクチャの革新、効率化や自動化のスピード向上と改善を実現するオープンなネットワーキングプラットフォームを提供する。

 また、サードパーティ製NOSソリューションが利用可能となったことで、Open Ethernetイニシアチブの基盤が確立され、顧客は自由にNOSを選択することが可能となる。