東京エレクトロンデバイス(TED、徳重敦之社長)は、マイクロソフトのクラウド販売パートナー認定プログラム「クラウドソリューションプロバイダープログラム(CSPプログラム)」により、クラウドディストリビュータとして認定され、クラウドサービスの販売代理店契約を締結したと発表した。この契約によりTEDは、Microsoft Azureをはじめとするマイクロソフトのクラウドサービスを4月13日に発売した。

 CSPプログラムは、マイクロソフトがクラウドファースト戦略の一環として展開するパートナービジネスモデルで、クラウドディストリビュータであるTEDはリセラー経由での販売が可能となる。TEDでは、これまでWindows Embedded OSの販売代理店として開拓してきた製造業・流通業・医療系などの産業機器メーカーの顧客と、2月9日に発足したIoTビジネス共創ラボのパートナー企業を中心にリセラーを募集していく。

 今後は、リセラーが自社製品とマイクロソフトのクラウドを組み合わせてIoTサービスとして販売できるよう月額課金システム、サポートとともに提供し、5年間で50億円のクラウドサービスの売り上げを目指す。