クオリティソフト(浦聖治代表取締役)は5月10日、サイバーセキュリティ領域で国内で独自の研究開発活動を展開しているFFRI(鵜飼裕司社長)との協業に合意し、ぜい弱性検出型クライアント管理クラウド「ISM CloudOne」で、振る舞い検知オプション(仮)の提供を6月末に開始すると発表した。

 今回の協業により、ISM CloudOneでは、今までクオリティソフトが提供してきた既知の脅威に対するエンドポイントデバイスのぜい弱性対策に、FFRIの振る舞い検知など五つのエンジンを統合する。これによって、未知のぜい弱性・マルウェアを高精度に検知・隔離することができ、既知・未知の脅威をシングルコンソールで一元管理することが可能となる。

 振る舞い検知オプション(仮)の主な特徴は、FFRIのパターンファイルに依存しない独自技術「CODE:F」により、既知・未知にかかわらず標的型攻撃を高精度に検知・防御する。また、エンドポイントデバイスで標的型攻撃対策を行うため、社外にある端末でも社内と同じ強度で防御が可能。標的型攻撃を受けた端末は自動的に抽出しレポート化する。